ワキガ手術の種類

ワキガの手術にはどのような種類があるかご存じでしょうか。昔は手術によるワキガ治療は元凶の部分を取り除いてしまうやり方が主流でした。手術の方法に切除法があります。古典的なワキガ手術法ですが、傷跡が大きく入院を必要とするなどの問題があることからほとんど行なわれなくなっています。削除法というワキガ手術の方法もあります。皮膚の一部を切り取り、切開した部分に特殊な器具を挿入し、原因となる器官を取り除きます。削除法では、器具を用いて皮下組織にある汗腺と皮脂腺とを取り除いてしまいます。傷は目立たないものの、皮膚が薄くなるようなことがあります。剪徐法というのは、皮膚を約3㎝ほど切開してアポクリン腺を取り除くワキガの手術方法です。これは医師が直接対象となる部位を目視しながら行ないますので、最も効果的なワキガ手術であるとされています。吸引法は汗腺を脂肪吸引を行なうようなやり方で吸い取ってしまうやり方です。この方法では、汗腺の取り残しながないかを医者が目で見ることができないために、完全な除去が難しいとされています。これらの他に、ワキガの手術方法として最近注目されてきているのが、超音波法という手術のやり方です。超音波法は脇の下を数ミリほど切り開き、そこから器具を入れて超音波を出し、汗腺を破壊してから吸い出す方法です。ワキガの手術方法は実に様々なものがあるので、クリニックで事前にカウンセリングを受けてから選ぶようにしましょう。本当に痩せられるダイエットはこれ

褐色脂肪細胞を活性化させる方法

褐色脂肪細胞を利用したダイエットがこの頃注目されていますが、褐色脂肪細胞の働きを増すにはどうするべきでしょう。褐色脂肪細胞は、寒さを感じると体温を上げるために働きを強めます。体に寒さを実感させることが、褐色脂肪細胞を動かすコツです。エクササイズをする時に、冷たくしたペットボトルを手に持って寒さ情報を体に伝えます。平泳ぎをするように手を回しつつ、首を前後させるような運動を、冷たいペットボトルを握りしめたままで行ってみましょう。一通りの運動が終わったら、手は湯につけた温めます。全部で5セット行います。もう一つはシャワーを使ったダイエット方法です。20℃と40℃のお湯を交互に5回くらい、首のあたりにかけます。大体30秒ずつ交互にかけます。首回りの褐色脂肪細胞の働きが活性化するよう、特にポイントを絞ってかけてもいいでしょう。シャワーの温度を急激に変えると血圧が変動するため、心臓や血管に負荷がかかってしまう人もいます。血圧が高い人、高齢の人、心臓が弱い人は、病院で話しを聞いてから行動に移しましょう。寒い季節は低いシャワーの温度がつらい場合もありますので、温度を上げるなどの工夫も大事です。温度の低いシャワーを浴びることと、体がもともと冷えていることは意味が違います。褐色脂肪細胞は冷え症なら活動するかといえば、そうではありません。褐色脂肪細胞をうまく利用してダイエットに活かせると良いですね。これで口臭と決別できました